お経(仏教用語一口メモ)へ移動

福島県南会津郡下郷町(しもごうまち)の寺院

全国の寺院 > 福島県の寺院(1,474) > 南会津郡下郷町の寺院 (10)

南会津郡下郷町の寺院リスト(10カ寺)

〔詳細モード〕へ移動。 [福島県の寺院一覧]へ移動。寺院の詳細は、「詳細」ボタンを押す。(漢字コード順にソート)

[詳細]
【1.旭田寺】
[〒969-5345] 福島県南会津郡下郷町大字塩生字上ノ原1205-13 [地図等]
[詳細]
【2.圓通寺】
[〒969-5334] 福島県南会津郡下郷町大字大松川字南原甲407 [地図等]
[詳細]
【3.円福寺】
[〒969-5311] 福島県南会津郡下郷町大字豊成字楢原2310 [地図等]
[詳細]
【4.学圓寺】
[〒969-5335] 福島県南会津郡下郷町大字南倉沢字居平48 [地図等]
[詳細]
【5.松庵寺】
[〒969-5326] 福島県南会津郡下郷町大字栄富字上平己111 [地図等]
[詳細]
【6.正法寺】
[〒969-5207] 福島県南会津郡下郷町大字大内字山本52 [地図等]
[詳細]
【7.西福寺】
[〒969-5208] 福島県南会津郡下郷町大字小沼崎字居平甲765 [地図等]
[詳細]
【8.大善院】
[〒969-5326] 福島県南会津郡下郷町大字栄富字屋敷甲791 [地図等]
[詳細]
【9.萬願寺】
[〒969-5204] 福島県南会津郡下郷町大字弥五島字寺岡621 [地図等]
[詳細]
【10.明宗寺】
[〒969-5201] 福島県南会津郡下郷町大字高陦字居平甲661 [地図等]

市町村別一覧表(1,474カ寺)

ぶりがな順 市町村コード順 寺院件数順

会津坂下町(あいづばんげまち)(50)  
会津美里町(あいづみさとまち)(65)  
会津若松市(あいづわかまつし)(136)  
浅川町(あさかわまち)(6)  
飯舘村(いいたてむら)(5)  
石川町(いしかわまち)(17)  
泉崎村(いずみざきむら)(5)  
猪苗代町(いなわしろまち)(11)  
いわき市(いわきし)(196)  
大熊町(おおくままち)(1)  
大玉村(おおたまむら)(4)  
小野町(おのまち)(12)  
鏡石町(かがみいしまち)(1)  
葛尾村(かつらおむら)(2)  
金山町(かねやままち)(7)  
川内村(かわうちむら)(2)  
川俣町(かわまたまち)(16)  
喜多方市(きたかたし)(98)  
北塩原村(きたしおばらむら)(6)  
国見町(くにみまち)(17)  
桑折町(こおりまち)(23)  
郡山市(こおりやまし)(98)  
鮫川村(さめがわむら)(3)  
下郷町(しもごうまち)(10)  
昭和村(しょうわむら)(4)  
白河市(しらかわし)(42)  
新地町(しんちまち)(3)  
須賀川市(すかがわし)(56)  
相馬市(そうまし)(23)  
只見町(ただみまち)(10)  
伊達市(だてし)(58)  
棚倉町(たなぐらまち)(14)  
玉川村(たまかわむら)(6)  
田村市(たむらし)(46)  
天栄村(てんえいむら)(9)  
富岡町(とみおかまち)(9)  
中島村(なかじまむら)(4)  
浪江町(なみえまち)(10)  
楢葉町(ならはまち)(8)  
西会津町(にしあいづまち)(30)  
西郷村(にしごうむら)(4)  
二本松市(にほんまつし)(66)  
塙町(はなわまち)(10)  
磐梯町(ばんだいまち)(9)  
平田村(ひらたむら)(3)  
広野町(ひろのまち)(4)  
福島市(ふくしまし)(116)  
双葉町(ふたばまち)(5)  
古殿町(ふるどのまち)(5)  
三島町(みしままち)(7)  
南会津町(みなみあいづまち)(18)  
南相馬市(みなみそうまし)(26)  
三春町(みはるまち)(20)  
本宮市(もとみやし)(14)  
柳津町(やないづまち)(12)  
矢吹町(やぶきまち)(10)  
矢祭町(やまつりまち)(7)  
湯川村(ゆがわむら)(15)  

近隣都道府県のお寺のリスト

北海道の寺(2162)
青森県の寺(443)
岩手県の寺(586)
宮城県の寺(888)
秋田県の寺(655)
山形県の寺(1361)
茨城県の寺(1200)
栃木県の寺(952)
群馬県の寺(1138)
埼玉県の寺(2126)
千葉県の寺(2875)
東京都の寺(2721)
神奈川県の寺(1796)
新潟県の寺(2685)
富山県の寺(1558)
石川県の寺(1321)

【仏教の言葉】「お経」

英語

【英語】 sutra

【お経】

お経はサンスクリット語で「スートラ」と言う。「スートラ」とは縦糸の意味で、当時はお釈迦さま(仏陀)の教えを木の葉や木の皮などに書き、それに穴を開けて糸を通したため「スートラ」と呼ぶようになった。お経はお釈迦さまが説法された教えである。お釈迦さまは自分の教えを文字で残されていないため、すべてのお経が本当にお釈迦様が説かれた教えかどうかは分からないが、お釈迦様の弟子たちが「私はお釈迦さまの教えをこのように聞きました。お釈迦さまはこのようにおっしゃられていました。」ということである。そのため、ほとんどのお経は、「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉ではじまっている。
お釈迦さまが生きておられる時はお釈迦さまから直接教えを聞くことができたが、お釈迦さまが亡くなられると、お釈迦さまの教えをどのように継承すればよいかが問題となった。そのために開かれた会議を「仏典結集(けつじゅう)」という。
仏教にはたくさんの仏典があるが、大きく以下の3つに分けられる。
 【経】--- お釈迦さまが直接説かれた教えを文字にしたもので、これを「経蔵」と言う。
 【律】--- 僧侶や仏教教団の生活規則や決まりなどを記したもので、これを「律蔵」と言う。
 【論】--- お釈迦さま以外の高僧が、仏教の教えについての解釈や解説などを書いたもので、

        これを「論蔵」と言う。

詳細はこのリンク【お経について】



【仏教関係の用語】
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
年忌・回忌法要計算
今年の法事
お墓の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
蓮如上人とは
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
宗教法人法
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
日本国憲法
葬儀、回忌法要、
【Advertisement】
愛西市僧侶愛知県愛西市西光寺バイトの単位の変換ネットで面積の単位の変換方法関連映像リンク集QRコードの作成手順概要Make HSV colorsWikiPadia西光寺