親鸞聖人(仏教用語一口メモ)へ移動

静岡県浜松市浜北区(はままつしはまきたく)の寺院

全国の寺院 > 静岡県の寺院(2,500) > 浜松市浜北区の寺院 (53)

浜松市浜北区の寺院リスト(53カ寺)

〔詳細モード〕へ移動。 [静岡県の寺院一覧]へ移動。寺院の詳細は、「詳細」ボタンを押す。(漢字コード順にソート)

[詳細]
【1.安樂寺】
[〒434-0043] 静岡県浜松市浜北区中条328 [地図等]
[詳細]
【2.安𣳾寺】
[〒434-0016] 静岡県浜松市浜北区根堅214-1 [地図等]
[詳細]
【3.一林寺】
[〒434-0026] 静岡県浜松市浜北区東美薗655 [地図等]
[詳細]
【4.恩光寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口4414-1 [地図等]
[詳細]
【5.恩幸山合生会】
[〒434-0023] 静岡県浜松市浜北区高薗365 [地図等]
[詳細]
【6.学園寺】
[〒434-0023] 静岡県浜松市浜北区高薗325 [地図等]
[詳細]
【7.岩水寺】
[〒434-0016] 静岡県浜松市浜北区根堅2238 [地図等]
[詳細]
【8.貴布祢教会】
[〒434-0038] 静岡県浜松市浜北区貴布祢1030 [地図等]
[詳細]
【9.久円寺】
[〒434-0022] 静岡県浜松市浜北区新堀309 [地図等]
[詳細]
【10.興覺寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口35 [地図等]
[詳細]
【11.光正寺】
[〒434-0042] 静岡県浜松市浜北区小松2326 [地図等]
[詳細]
【12.庚申寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口635-1 [地図等]
[詳細]
【13.高林寺】
[〒434-0043] 静岡県浜松市浜北区中条380 [地図等]
[詳細]
【14.慈眼寺】
[〒434-0015] 静岡県浜松市浜北区於呂2904 [地図等]
[詳細]
【15.自徳院】
[〒434-0031] 静岡県浜松市浜北区小林720 [地図等]
[詳細]
【16.紹隆寺】
[〒434-0042] 静岡県浜松市浜北区小松2379 [地図等]
[詳細]
【17.常光院】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口151 [地図等]
[詳細]
【18.常光院】
[〒434-0027] 静岡県浜松市浜北区油一色155-2 [地図等]
[詳細]
【19.心寶寺】
[〒434-0031] 静岡県浜松市浜北区小林1629 [地図等]
[詳細]
【20.眞光寺】
[〒434-0044] 静岡県浜松市浜北区内野1554 [地図等]
[詳細]
【21.瑞應寺】
[〒434-0003] 静岡県浜松市浜北区新原2339-1 [地図等]
[詳細]
【22.正寿院】
[〒434-0045] 静岡県浜松市浜北区内野台1丁目28-13 [地図等]
[詳細]
【23.西隱寺】
[〒434-0035] 静岡県浜松市浜北区寺島323 [地図等]
[詳細]
【24.西光院】
[〒434-0015] 静岡県浜松市浜北区於呂3511 [地図等]
[詳細]
【25.西福寺】
[〒434-0041] 静岡県浜松市浜北区平口523 [地図等]
[詳細]
【26.泉藏寺】
[〒434-0011] 静岡県浜松市浜北区上島1153 [地図等]
[詳細]
【27.多宝院】
[〒434-0033] 静岡県浜松市浜北区西美薗975 [地図等]
[詳細]
【28.大覚寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口1207 [地図等]
[詳細]
【29.大伝寺】
[〒434-0035] 静岡県浜松市浜北区寺島2384-1 [地図等]
[詳細]
【30.大宝寺】
[〒434-0002] 静岡県浜松市浜北区尾野2618-1 [地図等]
[詳細]
【31.長泉寺】
[〒434-0038] 静岡県浜松市浜北区貴布祢984 [地図等]
[詳細]
【32.東光庵】
[〒434-0026] 静岡県浜松市浜北区東美薗183 [地図等]
[詳細]
【33.東泉寺】
[〒434-0025] 静岡県浜松市浜北区善地390 [地図等]
[詳細]
【34.德生寺】
[〒434-0041] 静岡県浜松市浜北区平口548 [地図等]
[詳細]
【35.德泉寺】
[〒434-0001] 静岡県浜松市浜北区堀谷157 [地図等]
[詳細]
【36.不動寺】
[〒434-0041] 静岡県浜松市浜北区平口5052 [地図等]
[詳細]
【37.普賢院】
[〒434-0012] 静岡県浜松市浜北区中瀬4967-1 [地図等]
[詳細]
【38.福応寺】
[〒434-0044] 静岡県浜松市浜北区内野1103-1 [地図等]
[詳細]
【39.保福寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口324-1 [地図等]
[詳細]
【40.報恩庵】
[〒434-0029] 静岡県浜松市浜北区新野173 [地図等]
[詳細]
【41.報恩寺】
[〒434-0004] 静岡県浜松市浜北区宮口1344-1 [地図等]
[詳細]
【42.宝珠寺】
[〒434-0036] 静岡県浜松市浜北区横須賀1080 [地図等]
[詳細]
【43.寳住院】
[〒434-0034] 静岡県浜松市浜北区高畑377-1 [地図等]
[詳細]
【44.寳幢寺】
[〒434-0005] 静岡県浜松市浜北区大平1053 [地図等]
[詳細]
【45.妙教寺】
[〒434-0035] 静岡県浜松市浜北区寺島2245 [地図等]
[詳細]
【46.妙重寺】
[〒434-0002] 静岡県浜松市浜北区尾野2596-3 [地図等]
[詳細]
【47.妙蓮寺】
[〒434-0041] 静岡県浜松市浜北区平口5023-1 [地図等]
[詳細]
【48.明心寺】
[〒434-0013] 静岡県浜松市浜北区永島592 [地図等]
[詳細]
【49.養徳寺】
[〒434-0002] 静岡県浜松市浜北区尾野1145-1 [地図等]
[詳細]
【50.龍現寺】
[〒434-0014] 静岡県浜松市浜北区本沢合942 [地図等]
[詳細]
【51.龍守院】
[〒434-0028] 静岡県浜松市浜北区上善地490 [地図等]
[詳細]
【52.龍泉院】
[〒434-0044] 静岡県浜松市浜北区内野634-1 [地図等]
[詳細]
【53.龍泉寺】
[〒434-0016] 静岡県浜松市浜北区根堅371-1 [地図等]

市町村別一覧表(2,500カ寺)

ぶりがな順 市町村コード順 寺院件数順

熱海市(あたみし)(31)  
伊豆市(いずし)(67)  
伊豆の国市(いずのくにし)(64)  
伊東市(いとうし)(45)  
磐田市(いわたし)(114)  
御前崎市(おまえざきし)(21)  
小山町(おやまちょう)(18)  
掛川市(かけがわし)(146)  
河津町(かわづちょう)(17)  
川根本町(かわねほんちょう)(4)  
函南町(かんなみちょう)(30)  
菊川市(きくがわし)(50)  
湖西市(こさいし)(45)  
御殿場市(ごてんばし)(29)  
静岡市(しずおかし)(1)  
静岡市葵区(しずおかしあおいく)(137)  
静岡市清水区(しずおかししみずく)(152)  
静岡市駿河区(しずおかしするがく)(64)  
島田市(しまだし)(93)  
清水町(しみずちょう)(17)  
下田市(しもだし)(39)  
裾野市(すそのし)(17)  
長泉町(ながいずみちょう)(15)  
西伊豆町(にしいずちょう)(18)  
沼津市(ぬまづし)(118)  
浜松市北区(はままつしきたく)(84)  
浜松市天竜区(はままつしてんりゅうく)(64)  
浜松市中区(はままつしなかく)(69)  
浜松市西区(はままつしにしく)(52)  
浜松市浜北区(はままつしはまきたく)(53)  
浜松市東区(はままつしひがしく)(70)  
浜松市南区(はままつしみなみく)(62)  
東伊豆町(ひがしいずちょう)(13)  
袋井市(ふくろいし)(74)  
藤枝市(ふじえだし)(104)  
富士市(ふじし)(100)  
富士宮市(ふじのみやし)(108)  
牧之原市(まきのはらし)(64)  
松崎町(まつざきちょう)(20)  
三島市(みしまし)(62)  
南伊豆町(みなみいずちょう)(30)  
森町(もりまち)(34)  
焼津市(やいづし)(71)  
吉田町(よしだちょう)(14)  

近隣都道府県のお寺のリスト

千葉県の寺(2875)
東京都の寺(2721)
神奈川県の寺(1796)
新潟県の寺(2685)
富山県の寺(1558)
石川県の寺(1321)
福井県の寺(1566)
山梨県の寺(1431)
長野県の寺(1414)
岐阜県の寺(2185)
愛知県の寺(4388)
三重県の寺(2241)
滋賀県の寺(3015)
京都府の寺(2676)
大阪府の寺(3204)
兵庫県の寺(3153)
奈良県の寺(1718)
和歌山県の寺(1514)
鳥取県の寺(446)
島根県の寺(1273)

【宗教用語一口メモ】「親鸞聖人」

宗祖親鸞聖人は、承安3年(1173年)5月21日(旧暦の4月1日)に京都の日野でご誕生になられる。お父さま(藤原有範と言われる)が親鸞聖人が4歳の時に、お母さま(吉光御前と言われる)が8歳の時にご逝去される。治承5年(1181年)親鸞聖人が9歳の時に、慈円の下で出家得度され、比叡山天台宗の僧となられる。建仁元年(1201年)の春頃、親鸞聖人は比叡山を下山され、六角堂に百日参籠される。その後、吉水の法然上人の下で信心決定され、弟子となられる。建永2年(1207年)、後鳥羽上皇の怒りに触れ、専修念仏の禁止と西意善綽房・性願房・住蓮房・安楽房遵西の4名を死罪、法然上人ならびに親鸞聖人を含む7名の弟子が流罪に処せられる。 建暦元年(1211年)流罪より5年後、親鸞聖人の流罪が許される。建保2年(1214年)東国での布教活動のため、性信などの門弟と共に越後を出発し、常陸国に向かう。親鸞聖人が60歳を過ぎた頃、京都に帰京される。その後は著作活動に励まられ、「教行信証」、「浄土和讃」、「高僧和讃」、「唯信鈔文意」、「尊号真像銘文」「愚禿鈔」、「入出二門偈」「四十八誓願」、「正像末和讃」「一念多念文意」などを著作される。旧暦の弘長2年(1262年)11月28日(新暦の1263年1月16日)親鸞聖人は90歳で入滅される。

詳細はこのリンク【親鸞聖人について】



【仏教関係の用語】
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
年忌・回忌法要計算
今年の法事
お墓の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
蓮如上人とは
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
日本国憲法
宗教法人法
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
功徳、お坊さん紹介、
【Advertisement】
愛西市仏閣愛西市稲葉町西光寺面積の単位を変換する方法Webでバイトの単位の変換手法衝撃波が起こる時QRコード仕組みConvert colors RGB<=>HSL on the WebWikiPadia西光寺