親鸞聖人(仏教用語一口メモ)へ移動

長野県南佐久郡南相木村(みなみあいきむら)の寺院

全国の寺院 > 長野県の寺院(1,414) > 南佐久郡南相木村の寺院 (1)

南佐久郡南相木村の寺院リスト(1カ寺)

〔詳細モード〕へ移動。 [長野県の寺院一覧]へ移動。寺院の詳細は、「詳細」ボタンを押す。(漢字コード順にソート)

[詳細]
【1.常源寺】
[〒384-1211] 長野県南佐久郡南相木村4547 [地図等]

市町村別一覧表(1,414カ寺)

ぶりがな順 市町村コード順 寺院件数順

上水内郡信州新町(1)  
青木村(あおきむら)(3)  
上松町(あげまつまち)(2)  
朝日村(あさひむら)(2)  
阿智村(あちむら)(7)  
安曇野市(あづみのし)(33)  
阿南町(あなんちょう)(6)  
飯島町(いいじままち)(7)  
飯田市(いいだし)(64)  
飯綱町(いいづなまち)(21)  
飯山市(いいやまし)(44)  
生坂村(いくさかむら)(1)  
池田町(いけだまち)(3)  
伊那市(いなし)(66)  
上田市(うえだし)(86)  
売木村(うるぎむら)(1)  
王滝村(おうたきむら)(1)  
大桑村(おおくわむら)(5)  
大鹿村(おおしかむら)(3)  
大町市(おおまちし)(12)  
岡谷市(おかやし)(11)  
小川村(おがわむら)(4)  
小谷村(おたりむら)(4)  
小布施町(おぶせまち)(11)  
麻績村(おみむら)(4)  
軽井沢町(かるいざわまち)(7)  
川上村(かわかみむら)(3)  
木島平村(きじまだいらむら)(16)  
木曽町(きそまち)(11)  
木祖村(きそむら)(1)  
北相木村(きたあいきむら)(1)  
小海町(こうみまち)(5)  
駒?根市(こまがねし)(18)  
小諸市(こもろし)(23)  
栄村(さかえむら)(4)  
坂城町(さかきまち)(12)  
佐久市(さくし)(97)  
佐久穂町(さくほまち)(19)  
塩尻市(しおじりし)(24)  
信濃町(しなのまち)(16)  
下條村(しもじょうむら)(5)  
下諏訪町(しもすわまち)(5)  
須坂市(すざかし)(45)  
諏訪市(すわし)(22)  
喬木村(たかぎむら)(6)  
高森町(たかもりまち)(11)  
高山村(たかやまむら)(8)  
辰野町(たつのまち)(14)  
立科町(たてしなまち)(6)  
筑北村(ちくほくむら)(8)  
千曲市(ちくまし)(41)  
茅野市(ちのし)(25)  
天龍村(てんりゅうむら)(2)  
東御市(とうみし)(11)  
豊丘村(とよおかむら)(3)  
中川村(なかがわむら)(8)  
中野市(なかのし)(49)  
長野市(ながのし)(293)  
長和町(ながわまち)(8)  
南木曽町(なぎそまち)(5)  
根羽村(ねばむら)(3)  
野沢温泉村(のざわおんせんむら)(4)  
白馬村(はくばむら)(2)  
原村(はらむら)(1)  
平谷村(ひらやむら)(1)  
富士見町(ふじみまち)(9)  
松川町(まつかわまち)(12)  
松本市(まつもとし)(102)  
南相木村(みなみあいきむら)(1)  
南箕輪村(みなみみのわむら)(4)  
箕輪町(みのわまち)(14)  
宮田村(みやだむら)(4)  
御代田町(みよたまち)(7)  
泰阜村(やすおかむら)(1)  
山形村(やまがたむら)(3)  
山の内町(やまのうちまち)(12)  

近隣都道府県のお寺のリスト

群馬県の寺(1138)
埼玉県の寺(2126)
千葉県の寺(2875)
東京都の寺(2721)
神奈川県の寺(1796)
新潟県の寺(2685)
富山県の寺(1558)
石川県の寺(1321)
福井県の寺(1566)
山梨県の寺(1431)
岐阜県の寺(2185)
静岡県の寺(2500)
愛知県の寺(4388)
三重県の寺(2241)
滋賀県の寺(3015)
京都府の寺(2676)
大阪府の寺(3204)
兵庫県の寺(3153)
奈良県の寺(1718)
和歌山県の寺(1514)

【宗教用語一口メモ】「親鸞聖人」

宗祖親鸞聖人は、承安3年(1173年)5月21日(旧暦の4月1日)に京都の日野でご誕生になられる。お父さま(藤原有範と言われる)が親鸞聖人が4歳の時に、お母さま(吉光御前と言われる)が8歳の時にご逝去される。治承5年(1181年)親鸞聖人が9歳の時に、慈円の下で出家得度され、比叡山天台宗の僧となられる。建仁元年(1201年)の春頃、親鸞聖人は比叡山を下山され、六角堂に百日参籠される。その後、吉水の法然上人の下で信心決定され、弟子となられる。建永2年(1207年)、後鳥羽上皇の怒りに触れ、専修念仏の禁止と西意善綽房・性願房・住蓮房・安楽房遵西の4名を死罪、法然上人ならびに親鸞聖人を含む7名の弟子が流罪に処せられる。 建暦元年(1211年)流罪より5年後、親鸞聖人の流罪が許される。建保2年(1214年)東国での布教活動のため、性信などの門弟と共に越後を出発し、常陸国に向かう。親鸞聖人が60歳を過ぎた頃、京都に帰京される。その後は著作活動に励まられ、「教行信証」、「浄土和讃」、「高僧和讃」、「唯信鈔文意」、「尊号真像銘文」「愚禿鈔」、「入出二門偈」「四十八誓願」、「正像末和讃」「一念多念文意」などを著作される。旧暦の弘長2年(1262年)11月28日(新暦の1263年1月16日)親鸞聖人は90歳で入滅される。

詳細はこのリンク【親鸞聖人について】



【仏教関係の用語】
今年の法事
お墓の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
蓮如上人とは
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
自然葬について
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
日本国憲法
宗教法人法
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
火葬場、法事、
【Advertisement】
愛西市お葬式愛西市稲葉町西光寺用紙(面積比較)の単位の変換体積の単位の変換方法「マッハとは?」 ~音速とは?~QRコード仕組みMake RGB colors on the WebWikiPadia西光寺