真宗大谷派・お東 西光寺:住所=愛西市稲葉町本郷200番地
対象地区:津島市,弥富市,名古屋市,あま市,蟹江町、桑名市,稲沢市

愛西市西光寺の1年間の行事

西光寺では毎年、主に下記の行事を行っています。

1月 - 修正会法要

西光寺では、1月1日に勤める年の最初のお勤めが修正会法要です。

4月 - 春の永代経法要

西光寺では、通常4月の初旬に春の永代経法要を勤めます。
永代経法要は、故人の法名軸を本堂に掛け、永代に渡りその故人の遺徳を偲ぶ法要で、 1年に2回春と秋に行われます。その意義は、生きている私たちが、 仏縁をいただいてお念仏の心を伝えていくことです。 また、ご門徒の方々のお参りによってお寺が維持され、 お念仏の教えが永代に受け継がれていく法要であります。 それは、仏さまによっていのちをいただいた私たちが、法要をご縁として、 仏恩報謝の心を表すことであります。 その心はやがて子や孫に受け継がれ、み教えを聞き広めるご縁となります。 ご法義を大切にされる方々の思いが、永代経法要であるとも言えます。 法事は五十回忌法要で弔上げとなり終わりますが、 永代経法要は永代に渡り故人の供養が行われます。

10月 - 秋の永代経法要

西光寺では、通常10月の初旬に秋の永代経法要を勤めます。

12月 - 報恩講法要

報恩講法要とは、浄土真宗の門徒(信仰者)が1年間で最も大切にする仏事です。 京都の東本願寺(大谷派)では毎年11月21日から28日まで勤められますし、全国の真宗大谷派の別院や寺院でも年に一度、日時を定めて勤められています。 西光寺では、通常12月の初旬に報恩講法要を勤めます。

12月31日 - 除夜の鐘

毎年、12月31日の午後11時45分ごろから除夜の鐘を撞き始めます。

正式には、107回までは前年のうちに撞いて、最後の108回目は新年になってから撞く(深夜0時に最後の1回を撞く)ようですが、なかなかそのようには出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 



西光寺開山:諦善法師】、【宗旨:浄土真宗】、【宗祖:親鸞聖人】、 【西光寺山号:夕照山】、【宗派:真宗大谷派】、【中興の祖:蓮如上人】、 【現住職:第十五代】、【ご本尊:阿弥陀如来】、 【ご本山:東本願寺・真宗本廟】 【正依の経典】仏説無量寿経(大経)、仏説観無量寿経(観経)、仏説阿弥陀経(小経)
【隣接地域】愛知県津島市 愛知県弥富市 愛知県蟹江町 愛知県あま市 愛知県名古屋市 
750年以上の歴史を持つ浄土真宗 東本願寺 愛西市寺 西光寺。
浄土真宗とは】親鸞聖人によって開かれた浄土教の一派。阿弥陀仏の浄土に生れて悟りを開くことを目的とし、阿弥陀仏の力で救われる絶対他力により信心だけで往生できるとする。本願寺は蓮如上人により興隆した。
お墓の歴史】一般の人々がお墓を建てられるようになったのは、昭和の初期から戦後高度経済成長で人々が豊かになってからだと言われている。最近ではお墓の代わりに納骨堂自然葬(散骨樹木葬、海洋葬)なども見られる。またお墓を作るには、 墓地、埋葬等に関する法律及び墓地、埋葬等に関する法律施行規則に従い許可が必要となる。
納骨堂】納骨堂の歴史は古く奈良時代に発掘されたものの中にも見受けられる。当時は霊廟と言われ、墓石が江戸時代に誕生したのに比べ納骨堂の歴史はとても永く続いている。最近ではお墓の代わりとして自然葬(散骨樹木葬)とともに増加傾向にある。
葬儀・葬式】真宗大谷派の葬儀式はここをクリック
【本願寺とは】親鸞聖人の門弟らが聖人の遺骨を大谷から吉水の北に移し、廟堂を建て宗祖の影像を安置したことに起源する。第3代覚如上人の頃、真宗本廟は「本願寺」の寺号を名のるようになる。第8代蓮如上人は、その生涯をかけてひろく民衆に教えをひろめ、本願寺教団をつくりあげられ現代にいたる。
【正依の経典・お経】仏説無量寿経(大経)、仏説観無量寿経(観経)、仏説阿弥陀経(小経)
【四苦八苦】四苦八苦の四苦とは、生・老・病・死の四つの苦しみのこと。四苦に加え、愛別離苦(あいべつりく)、怨憎会苦(おんぞうえく)、求不得苦(ぐふとくく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)の四つの苦しみを合わせて八苦と言う。
【八正道(はっしょうどう)】とは、お釈迦さまが解き明かされた「苦」を滅する八つの正しい方法のこと。正見・正思・正語・正行・正命・正精進・正念・正定の八つの道である。