自然葬(仏教用語一口メモ)へ移動

福島県東白川郡塙町(はなわまち)の寺院

全国の寺院 > 福島県の寺院(1,474) > 東白川郡塙町の寺院 (10)

東白川郡塙町の寺院リスト(10カ寺)

〔詳細モード〕へ移動。 [福島県の寺院一覧]へ移動。寺院の詳細は、「詳細」ボタンを押す。(漢字コード順にソート)

[詳細]
【1.安楽寺】
[〒963-5405] 福島県東白川郡塙町大字塙字上町87 [地図等]
[詳細]
【2.海蔵寺】
[〒963-5401] 福島県東白川郡塙町大字東河内字五郎内306 [地図等]
[詳細]
【3.觀音寺】
[〒963-5343] 福島県東白川郡塙町大字植田字中之内79 [地図等]
[詳細]
【4.賢瑞院】
[〒963-5536] 福島県東白川郡塙町大字川上字寺下95 [地図等]
[詳細]
【5.天照寺】
[〒963-5342] 福島県東白川郡塙町大字伊香字高里208 [地図等]
[詳細]
【6.東浄寺】
[〒963-5536] 福島県東白川郡塙町大字川上字薄久保33-2 [地図等]
[詳細]
【7.徳林寺】
[〒963-5402] 福島県東白川郡塙町大字常世北野字赤坂212 [地図等]
[詳細]
【8.寳泉寺】
[〒963-5411] 福島県東白川郡塙町大字上石井字梅ノ木沢甲86 [地図等]
[詳細]
【9.藥王寺】
[〒963-5341] 福島県東白川郡塙町大字台宿字大久保53 [地図等]
[詳細]
【10.龍澤寺】
[〒963-5407] 福島県東白川郡塙町大字西河内字龍澤18 [地図等]

市町村別一覧表(1,474カ寺)

ぶりがな順 市町村コード順 寺院件数順

会津坂下町(あいづばんげまち)(50)  
会津美里町(あいづみさとまち)(65)  
会津若松市(あいづわかまつし)(136)  
浅川町(あさかわまち)(6)  
飯舘村(いいたてむら)(5)  
石川町(いしかわまち)(17)  
泉崎村(いずみざきむら)(5)  
猪苗代町(いなわしろまち)(11)  
いわき市(いわきし)(196)  
大熊町(おおくままち)(1)  
大玉村(おおたまむら)(4)  
小野町(おのまち)(12)  
鏡石町(かがみいしまち)(1)  
葛尾村(かつらおむら)(2)  
金山町(かねやままち)(7)  
川内村(かわうちむら)(2)  
川俣町(かわまたまち)(16)  
喜多方市(きたかたし)(98)  
北塩原村(きたしおばらむら)(6)  
国見町(くにみまち)(17)  
桑折町(こおりまち)(23)  
郡山市(こおりやまし)(98)  
鮫川村(さめがわむら)(3)  
下郷町(しもごうまち)(10)  
昭和村(しょうわむら)(4)  
白河市(しらかわし)(42)  
新地町(しんちまち)(3)  
須賀川市(すかがわし)(56)  
相馬市(そうまし)(23)  
只見町(ただみまち)(10)  
伊達市(だてし)(58)  
棚倉町(たなぐらまち)(14)  
玉川村(たまかわむら)(6)  
田村市(たむらし)(46)  
天栄村(てんえいむら)(9)  
富岡町(とみおかまち)(9)  
中島村(なかじまむら)(4)  
浪江町(なみえまち)(10)  
楢葉町(ならはまち)(8)  
西会津町(にしあいづまち)(30)  
西郷村(にしごうむら)(4)  
二本松市(にほんまつし)(66)  
塙町(はなわまち)(10)  
磐梯町(ばんだいまち)(9)  
平田村(ひらたむら)(3)  
広野町(ひろのまち)(4)  
福島市(ふくしまし)(116)  
双葉町(ふたばまち)(5)  
古殿町(ふるどのまち)(5)  
三島町(みしままち)(7)  
南会津町(みなみあいづまち)(18)  
南相馬市(みなみそうまし)(26)  
三春町(みはるまち)(20)  
本宮市(もとみやし)(14)  
柳津町(やないづまち)(12)  
矢吹町(やぶきまち)(10)  
矢祭町(やまつりまち)(7)  
湯川村(ゆがわむら)(15)  

近隣都道府県のお寺のリスト

北海道の寺(2162)
青森県の寺(443)
岩手県の寺(586)
宮城県の寺(888)
秋田県の寺(655)
山形県の寺(1361)
茨城県の寺(1200)
栃木県の寺(952)
群馬県の寺(1138)
埼玉県の寺(2126)
千葉県の寺(2875)
東京都の寺(2721)
神奈川県の寺(1796)
新潟県の寺(2685)
富山県の寺(1558)
石川県の寺(1321)

【寺院の言葉】「自然葬」

英語

【英語】 Natural Burial

自然葬とは

明治時代以降、火葬した後の遺骨や遺灰はお墓を作って納骨することが一般的であった。しかし現代では、お墓の購入はかなり高価なものとなり、また少子化や高齢化、核家族化などでお墓を建ててもそのお墓を引き継いでくれる者がいないという問題も生まれている。また仮に引き継いでくれても、転勤などで遠方のためお墓を建てても管理できないという問題も生じている。そのためお墓の代わりに、遺骨や遺灰を自然に還そうとする流れが新たに出来つつある。それを自然葬という。自然葬には、遺骨を粉末状にして海や空や山にそのまま撒く散骨がある。他に樹木葬、海洋葬、風葬、水葬など自然に回帰するような葬り方も自然葬という。

自然葬が注目されている理由

1)跡継ぎがいなくても良い

最近は少子化の影響で、お墓参りやお墓を次の代まで管理してくれる身内がいない場合が多くなり、その必要がない自然葬が注目されている。

2)やはり死後は自然に帰りたい

従来の墓では「家」単位に埋葬されるため、お嫁入りした女性から夫の墓に入りたくない場合や、1人で静かに永眠したいなどの希望が多くなっている。また、死後は自然に帰りたい人の希望満たすことができる。

3)価格がお値打ちである

自然葬の相場は従来のお墓の半分から数分の1程度で済み、また管理費がいらない場合がほとんどであるため価格がお値打ちである。

詳細はこのリンク【自然葬について】



【仏教関係の用語】
行年・享年の計算
中陰・年忌一覧表
行年・享年一覧表
年忌・回忌法要計算
今年の法事
お墓の情報
寺院・お寺
樹木葬って何ですか
納骨堂とは
お経について
蓮如上人とは
散骨って何ですか?
親鸞聖人とは
墓地・埋葬等の法律
墓地・埋葬法律規則
日本国憲法
宗教法人法
鐘楼堂、祥月命日、
【Advertisement】
愛西市山門愛西市西光寺Webで重さの単位の変換手法SI接頭語の単位を変換するツールソニックブームのデモQRコードのデータ分析Make HSV colorsWikiPadia西光寺